YouTubeはDocokameに比較して
+4~+18秒程度加算遅延します。

Docokameのストリーミング配信は実時間に対して2秒程度で収まっています。これがの特徴です。

H.264スマートコーデックにより、フルHD 25fpの高品質画像がベスト光量で300Kbps~500Kbpsと驚異的な低ビットレートで作動しています。

YouTubeには超低遅延接続モードがありますが、安定性を考えると選択は難しいかもしれません。

超低遅延接続モードで接続できたとしても、+3から+8秒程度の遅延が発生する場合があります。

さらに、コンテンツ管理やビジネスロジック作成などの自由度は圧倒的にDocokameが優位です。

2020/1/5 PM3:00過ぎから超低遅延モードでYouTubeに配信中。

それでも圧倒的にDocokameが低遅延。